離婚には弁護士が必要

離婚の手続きは多くの手間と時間が掛かります。これまでの夫婦生活の中で疲れ果て、離婚したいと願っているにも関わらず相手が同意してくれない為時間ばかりがかかってしまう、なんて事になったら目にも当てられません。そうした時に各手続きを代行してくれたり裁判や話し合いの場で自分の代わりに戦ってくれるのが弁護士という存在です

離婚までの手続きにはまず「夫婦間での協議」を行いそれが不合意に終わったのであれば「調停の申し立て」を行います。この調停も不成立に終わったのなら二つのパターンに分けられ、そのまま「訴訟提起」し裁判に縺れ込む場合と、「調停に代わる審判」を受ける場合があります。

調停に代わる審判の結果に不服があり更に戦う場合は審判に異議を唱え、訴訟提起する事になります。そして最終的な訴訟提起の場で勝訴、または和解が得られた場合はそれで終わりですが、敗訴した場合は離婚が不成立となってしまったり、容認されても慰謝料などに不満が残る形になります。ここまで戦ったにも拘らずこの結果は不服であるとして、控訴や上告し、その申し立てが通った場合もう一度裁判を一から行い戦う事になります。

といった物が概ね離婚に必要な流れとなります。これらの話し合いや調停をこなしながら法的手続きに必要な各種書類を揃え、勝つためには話し合いや調停での相手方への対処を考えなければならず、離婚後の生活の為にも仕事も熟さなければなりません。絶対にできない、とは言いませんが、必ず無理は溜まるでしょう。そこで弁護士にある程度は任せてしまう、という選択が有効になってくるのです。